リフォームはクセになります

家で住んでいると、キレイに使っていると思ってもやっぱりいろいろなところがぼろが出来てしまいますね。そのことは、子供が大きくなるまでは修理をしない、そのまま放置しようと思うこともありました。しかし、実際に家でいる時間が多いことを考えると、その状態で暮らすのは、やっぱり嫌なのです。さっぱりと美しいへやで暮らしたいと思います。そのため、子供も小さいのですがリフォームをすることにしました。
それは、リビングをちょっと大きくしたいと思ったのです。横に畳の部屋を作っていたのですが、ほとんど使うことがありません。そこでその畳の部屋とリビングを一つにすることにしました。畳の部屋は、お客さん専用にしていましたがそんなに使うことがないのでもったいないですね。それよりも、日々の暮らしの中で気持ちよく暮らしたいという、そんな気持ちが強くなったのです。
リフォームは、10日間ぐらいで終了しました。そこは、とても広くなりとても満足しています。お客さんも呼べるようになり、本当に楽しい毎日となりました。
今度は、どこをリフォームしようかと思っているところです。自分の家をキレイにすると、気持ちが明るくなります。そのためリフォームがクセになっています。

自然素材の平屋を三重のハウスメーカー、工務店で建てるなら