平屋の強みを知っておく

平屋最大のメリットは移動が楽なのです。あたり前ですが、実際住まわれた方の評価を見てもその点強調されていて、掃除などは2階建てなら掃除機をmとて下り下りしたり、階段掃除しなくてはならないなど問題ありますが、そうした苦労がないです。そして移動しやすさは掃除しやすさにもメリットを感じて、それから高低差少ないのは構造的危険少ないということに。極端な例で自沈、台風でも平屋の方が強いとされてます。こうした理由は状況によりますが、その魅力として考えられています。そしてメンテナンスしやすさも理由になっていて、2階建てより外壁、屋根メンテナンスは格段に楽に住むのです。そして、室内は風通りよいとされていて、2階建ての家なら階段部分で空気循環滞りがちですが、平屋は割と全体に風がいきわたるのです。窓開けるだけで家全体に風邪いきわたるのはそのメリット。そして家族のコミュニケーションもワンフロアですから円滑になるといわれます。そして子供部屋、リビング別のフロアにするとき目が届きにくいですが、平屋はあまりそうした心配ありません。そして子供小さいとき大きなポイントになるはず。そしてスペース有効利用できると思われてる方がいます。

三重県で地震に強い家づくりなら

家を建てるなら注文住宅が良いと思いました。

これから家を建てようと思っている人も多いかと思います。
ですが実際に家を建てるなら注文住宅を建てる事をおすすめします。

なぜなら実際に家を建てる時に費用をケチって建売住宅を購入してしまうと
意外と不満を感じるからです。

確かに私も家を買う時にできれば安い方が良いと思っていました。
それで一時は安い建売住宅を買う事も真剣に考えました。

ですがいざ本当に家を購入する時になってこれは違うと思って家を建てるなら
絶対に注文住宅にしたいと思うようになりました。

なぜなら注文住宅にしたら家の細部まで細かく指定できるという事で
家に不満を持ちにくいと思ったからです。

ですが建売住宅の場合は購入費用こそ抑える事ができると思ったのですが
実際にモデルルームに行ってどういう家になるか見たらかなり不満を持つ結果になってこれでは家を建てても不満を抱くだけになると思ってやめました。

それで注文住宅にしたのですが実際に建設業者と細かい打ち合わせをやって
どういう家にしたいかを決めたおかげで思った以上に家に愛着を持てました。

それは単に家が理想に近い形になっただけでなく自分も一緒になって家づくりに参加したという喜びも大きかったというのがありました。

なので費用は多くなりましたが注文住宅にして良かったと思っています。

三重で自由設計の二世帯住宅を建てるなら

リフォームはクセになります

家で住んでいると、キレイに使っていると思ってもやっぱりいろいろなところがぼろが出来てしまいますね。そのことは、子供が大きくなるまでは修理をしない、そのまま放置しようと思うこともありました。しかし、実際に家でいる時間が多いことを考えると、その状態で暮らすのは、やっぱり嫌なのです。さっぱりと美しいへやで暮らしたいと思います。そのため、子供も小さいのですがリフォームをすることにしました。
それは、リビングをちょっと大きくしたいと思ったのです。横に畳の部屋を作っていたのですが、ほとんど使うことがありません。そこでその畳の部屋とリビングを一つにすることにしました。畳の部屋は、お客さん専用にしていましたがそんなに使うことがないのでもったいないですね。それよりも、日々の暮らしの中で気持ちよく暮らしたいという、そんな気持ちが強くなったのです。
リフォームは、10日間ぐらいで終了しました。そこは、とても広くなりとても満足しています。お客さんも呼べるようになり、本当に楽しい毎日となりました。
今度は、どこをリフォームしようかと思っているところです。自分の家をキレイにすると、気持ちが明るくなります。そのためリフォームがクセになっています。

自然素材の平屋を三重のハウスメーカー、工務店で建てるなら

二世帯住宅は金銭的に助かる

住宅が欲しいと思った時に、まず困ることとしてそれを建てるためのお金があります。自分が望む家を建てたいと思っても、そんなお金がないと思ってしまうのです。ローンを組むこともできますが、そのことも限界がありますね。そのため、将来返金することができるのだろうかと不安になり、自分の思いをある程度シャットアウトさせることもあるのではないでしょうか。そして、そのことをあとで後悔することもあります。
そんな時、もしも二世帯住宅だったらどうなんだろうと思うのです。金銭的には、かなり余裕を持つことが出来るのではないでしょうか。この私も、二世帯住宅を建てたいと両親に話したことがありました。その時、お金については折半するのかなどを聞くことがありました。両親は、退職金などがあるのである程度は、私たちよりも余裕があるのです。年金暮らしなので、そんなにお金に困っていることがないのです。その点では、半分以上出してもらえることが分かりました。それだったら、二世帯住宅としてかなり豪華な家を作ることが出来ると思ったことでした。
お金のことを思うと、断然二世帯住宅がいいなと思っています。心配することも少なくなり、その点でもメリットを感じます。

三重の工務店で和モダンの家づくりなら

二世帯住宅は完全独立型が良い

住宅を作る時、2回目という人たちもいますね。その時、両親のことを考えて二世帯住宅にすることが多くなりました。私の周りでも、40代で家を作っている人たちは両親のことを考えている人が多いです。それはなんといっても、その年代で困ることや不安なことが多くなっているということですね。
この私も、今度家を建てる時には両親と一緒に住むことができる二世帯住宅がいいと思っているのです。しかし一つ考えることとして、やっぱり両親とはプライベートな空間としてきっちりと分けたいと思うのです。
特に主人が気にしてしまうと感じます。自分は良くても、私の両親と一緒に暮らすことになると思うと、とても気を使いますね。もしも私が、主人の両親と一緒に暮らすことになると思うと、とても気を使うからです。
そのため、ほとんど会うことがないような、そんな家でもいいと感じます。ちょっと心配な時だけ、顔をのぞかせるぐらいが一番いいのではないでしょうか。
私の親友の一人は、お風呂が一緒の二世帯住宅にしています。最初は、それで良いと思ったらしいですがやっぱり不便と思い始めています。音がするし掃除をするのも、どっちが行うのかなど細かいところで困るようです。

三重の工務店でマイホームを建てるなら

自然素材住宅はシックハウスがない!?

「絶対に!」というわけではないのでしょうけれど、自然素材住宅はシックハウスになる危険性が低いと感じています。なぜなら、自然素材住宅の場合、住宅に使用する資材についてもこだわっていいものを入れている傾向があるからです。

姉夫婦の家が自然素材住宅なのですが、家づくりについて話を聞いた際に思ったことは、「いちいち高いなー」ということです。お金については、下世話な話になりますけれどね。しかし一般的な住宅であるわが家と、自然素材住宅としては名が知れている某ハウスメーカーとの姉宅を比較してみても、住宅設備は同じようなところなのに、トータル金額は違いますからね。

敷地面積が違いますので徹底比較はできないにしても、自然素材住宅の姉宅は資材の価格帯が高いのだろうと感じますもん。マイホームの建設費用を決める住宅設備が同じようなラインなのに、姉宅との差額が数百万円となっているわけです。家の建設段階を何度か訪れたこともあるのですが、使っている資材が違っている印象を受けましたね。そして完成後は、我が家の完成時に感じた薬品っぽさは自然素材住宅の姉宅からは感じなかったものですから。

自然素材住宅は接着剤もそうですが資材に至るまでこだわっている印象です。だからこそ、自然素材住宅ではシックハウスを引き起こす人が少ないのでしょうね。その点も納得です。

松阪で自由設計の新築一戸建てを建てるなら

家を建てるなら住宅ローンを利用して新築住宅を 

都会(首都圏)の周辺で家を建てるなら土地や住宅を購入して住まうと言う事になり、一般の我々サラリーマンには大変な負担の掛かることです。 何しろ価格が何千万円ものする物件をキャッシュで買える事など夢の又夢で、到底叶うことではありません。 やはり住宅ローンという長期の借金を頼みとする方法しかないのです。 物件は新宿へ繋がる小田急線沿線の主要な駅(海老名市)でバスで15分程度のところにあり、古くから大きな団地として開発されている一角の戸建の新築建売住宅でした。

この物件はわれ等が実際に民間のアパート暮らしで住んでいるごく近所でもあり、家を建てるなら物件の環境や条件としては最高のところでした。 早速、立看板のある地元の不動産業者へ問い合わせをし、色々と商談を重ねた結果物件購入を決めたのです。 勿論、仲介物件ですので仲介手数料は相当金額を支払いましたし、資金的には実家の親のうちから600万円ほど補助を受けての其の残額を長期住宅ローンにしたものです。

その金融機関に関しては地元の業者と提携している地元の信用金庫で住宅ローンを組みました。 幸い本人は有名な大手の企業に勤めておりますので、信用保証的には問題が無かったようです。 膨大な借金である住宅ローンというものは、勿論、長期にわたって返済をしなければなりません。

万が一、借金した金融機関が倒産してローンが全額払わないで済む、何てことは絶対にないでしょう。 ところが我々借金をする側からすれば、其れは何より心配なのが当方の事情により借金返済が不可能になった場合を想定すると正直なところやはり不安にはなります。 それでも世の中の仕組みとして有り難いローンと言う方式があるのです。
家を建てるなら無理をせずに、よくよく家族などとも相談の上に決める事をお勧めしますね。

伊勢の工務店で自然素材の家を建てるなら

注文住宅で活用した住宅ローン

我が家が一戸建てで住宅を購入したのは10年前になります。実質土地は両親から相続したこともあり、実際に住宅ローンを組んだのは、上物、ようするに注文住宅部分だけです。もちろん、相続税を支払った後だったので注文住宅にかけられる費用もそれなりに多く確保できました。そして、住宅ローンを組むにあたっては変動金利で今後、金利が上がっていくことが想定される中だったので、基本的に最初からフラット35を想定していました。ですから、注文住宅を設計するにあたっても、非常にお風呂、そして家内と私の部屋、さらには子供部屋にはこだわりをもって設計してもらいました。ちなみに私の部屋には50インチのモニターが壁掛けでかかっていて、吸音材も使っていますので大音響で音楽やスポーツを楽しむにあたっては非常に適した設計にしてもらっています。住宅ローンを組むにあたっては金利込みで3000万円としていたので、そこまでいかにオプションを設定可能か検討した次第です。

三重で和モダンの健康住宅を建てるなら

土地があったので注文住宅に投資ができました

我が家が一戸建てをたてたのは10年前になります。ちょうど両親から相続した土地に建て替える形で注文住宅を建てることにしました。ですから、土地に関してはすでに支払っていた相続税のみ。家の取り壊し費用は掛かったものの、基本的には注文住宅の費用だけをベースにした投資を検討することができました。もちろん、土地大きさからみて、どのような注文住宅を設計できるのか決まってくるのですが、基本的には建物以外で必要なスペースは庭と駐車場2台分のスペースです。それ以外を3階建てにして設計を依頼することにしました。1階はリビングとお風呂と和室のみ。2階は私と家内の部屋ともう一部屋が寝室。そして3階は子供部屋と物置です。なかなか、この設計をデザイナーと営業と行っているときは非常に楽しかったです。もちろん、カタログだけではなく、ショールームにも見学させてもらい、都度その見積金額が変わる次第です。実際に着工までに3か月近くかかりました。

三重の工務店で二世帯住宅を建てるなら

二世帯住宅を注文住宅で

私の仕事で地元に戻り、子供たちの教育費も掛かることから、家内も正規の社員として働くにあたって、両親のフォローが必要になることもあって、思い切って注文住宅で二世帯住宅を建てることにしました。まず、こだわったのは極力、1階と2階は完全に別の生活ができる環境です。注文住宅ですからキッチンとお風呂だけは完全に2つ所有できる形にしました。お風呂を二世帯住宅で別にするご家庭はあまり多くないと営業の方から伺いました。そして、注文住宅でこだわったのは1階のリビングです。完全に別の二世帯住宅だけにそれ以上に家族全員が集合できるリビングにはこだわりたかったのです。50インチの壁かけテレビでスペースを有効活用し、大きなソファが置ける洋間と6畳の和室の2つを併用できる形にしました。おかげさまで、家族全員の時間と2世代が別の時間をしっかり分けることができるよになりました。最初からポリシーを決めておいて非常に良かったとおもいます。

津市でマイホームを建てるなら